釣り大会結果

チヌフェスティバルin岡山決勝戦
大会名チヌフェスティバルin岡山決勝戦
魚種 チヌ場所(都道府県)岡山県、香川県 (釣り場)日生 小豆島
日時西暦2017 年 10 月 8 日 
当日の状況・大会概要
    当日の朝は冷え込み、肌寒かったが日が上がるにつれて日中は汗ばむ暑さとなりました。
    チヌフェスティバルin岡山決勝戦となった小豆島、日生では37名の選手が集まり、AM7:00に競技をスタートしました。
    今大会はキビレチヌを含むチヌ2尾までの重量にて競われ、2船の各上位5名の横取り方式で行いました。
    小豆島、日生の波止を使用し渡船はまこと渡船1.2を使用しました。
    状況としては開始2時間で潮が動き出し、時合と供にチヌの口を使わした方が上位の釣果をもたらしました。終了1時間前にも潮が動き出しこのチャンスを逃すまいと、ラスト1時間にかけていた選手も多く最後まで健闘されていました。場所によっては30枚以上釣り上げたにも関わらず、サイズを伸ばすことが出来かった選手もいました。
    キープしたチヌの入れ替えを行いながら、大会終了まで各堤防では選手の熱いバトルが繰り広げられました。
    大会終了(PM1:00)後帰港し検量を行いましたが、ライブウェルから大型のチヌを取り出されるたびに大きな歓声が沸きあがっていました。
    13 時納竿。
    結果は2 匹の重量とし合計3.230g 、最長寸の47.5cmを釣った渡辺 結樹氏が優勝。
    規定
    チヌ、キビレを含む2匹の総重量
    まこと渡船1号.2号の船からの横取り方式を採用
                    


    準優勝の堀 健一選手 優勝の渡辺 結樹選手 第3位の茅原 幸志選手

    入賞した10名
    7位入賞の藤井 奈緒子さんはレディース賞とW受賞しました。

    集合写真
優勝者のコメント・戦略
    深棚で型を狙ったことが勝因となった。
     朝9時の潮と昼からの潮の動いたときがチャンスで丹念に探って型が出たのが嬉しかった。
仕掛け
    竿5.0b 1号 リ−ル2500番 道糸1.5号 ハリス1.2号 針2号  浮は半遊動
エ サ
    オキアミ3キロ、瀬戸内チヌ2袋
    スパーハードLと生オキアミ 
結 果
氏名・住所(敬称略)釣果
優勝渡辺 結樹2匹の重量
3.230グラム
準優勝堀 健一2.540グラム
第3位茅原 幸志3.010グラム
第4位陶山 和樹1.960グラム
第5位平井 稔之2.590グラム
www.marukyu.com