マルキユー釣り大会結果

第18回 チョーチン王座決定戦 決勝
魚種 へら場所(都道府県)茨城県 (釣り場)筑波流源湖
日時西暦2018 年 9 月 17 日 
当日の状況・大会概要
    第18代チョーチン王決定!

     清遊湖予選、筑波湖予選を勝ち抜いた34名に昨年度の上位入賞者5名のシード選手を加えた39名で決勝を開催。北桟橋を使って前半戦6:30-10:00、後半戦11:00-14:30で行った。

                

    前半戦でトップに立ったのは、前回覇者の今野正明選手で釣果は21.4kg。後には僅差の釣果が続々と並び、多くの選手が優勝に手が届く状態で後半戦を迎えることとなった。

    桟橋の使用面を前半戦と入れ替えて席替えを行い、後半戦がスタート。次第に風が出はじめる状況のなか、前半戦に比べて竿の長さを短くする選手が多いように見えた。
    開始直後からあちこちで竿を絞るシーンが見られ、なかには開始30分ほどでフラシ交換を行う選手の姿もあるなど、どの選手からも目を離せない展開。最後まで緊張感のある戦いが繰り広げられ、3時間半の後半戦が終了した。

    前半戦、後半戦の釣果を総合した結果、見事優勝を手にしたのは筑波湖予選から出場の高橋秀樹選手。
    前半戦の釣果は9.2kg(33位)とトップに12.2kgの差があったものの、後半戦で37.6kgと2位以下を大きく引き離す釣果を叩き出し、合計釣果46.8kgで優勝。第18代チョーチン王の座を手にした。




優勝者のコメント・戦略
    何度も試釣に付き合ってくれた仲間たちに感謝です。ありがとうございました。 枚数 前半戦:10枚 後半戦:48枚

仕掛け
    竿 :8尺
     道糸:1.2号
     ハリス:上 0.6号 30→25cm・下 0.6号 40→35cm
     ハ リ:上 アスカ 9号 下 アスカ 9号
    ウ キ:水幸作 H/T セミロング ボディー8cm トップ:グラスムクトップ 形態:ノーマル

エ サ
    凄麩400+ガッテン400+浅ダナ一本200+バラケバインダーフラッシュ300+水300
    20回ぐらい練り込んで使用。
    ウキのなじみが浅い時はバラケバインダーフラッシュを追い足しして調整。
結 果
www.marukyu.com